オックスフォードの靴

f0227716_17254255.jpg

近代英国の歴史をひもとくとケンブリッジとオックスフォードという地名に出くわす。ともに名門大学や著名な教会が集う場所であり、英国文学にも大きな影響を残している土地だ。とりわけ両校のレガッタ対決やラグビー対決は国民的な話題となって、いまもなお連綿と続けられている。

英国に発祥した伝統的な洋服は多く、いきおいその地名に因んで名付けられたアイテムは、そこかしこに見受けられる。シャツ生地である「オックスフォードクロス」は、本来「ブロードクロス」と呼ぶ細糸のシャツが主流だった当時、彼の地オックスフォードで夏用の服地として用いられた事に由来する名前だ。もう一つ、同じ名前を付けられた洋品がある。「サドル・オックスフォード・シューズ」を始めとする靴の一群は、総じてヒモを結ぶタイプの短靴を指している。

靴の歴史を遡ると、屋外で用いる男の靴は膝下まであるブーツ型に始まる。やがて中深型のブーツになり、後にくるぶしを包むアンクルブーツの時代が長く続いた。近代になって街の整備が進み、砂利や砂の道路が無くなると、靴でくるぶしを覆い隠す必要性が無くなる。そうして誕生したのが、いまの主流となっている「短靴」といわれるタイプの靴。発達が進む都でいち早く、これを使い始めたのが、時のオックスフォードの人々なのだねえ。紳士たる者、ヒモ靴の着脱は面倒でも必ず解いて結んでくだされ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-03-19 17:25 | 洒落日記  

総理大臣の不覚

f0227716_17245726.jpg

消臭効果を持つ繊維が特許を取得する時代であり、たしかに社会生活においてエチケットは大切なことに違いない。しかし昨今の消臭剤の広告を見ていると、「加齢臭」を題材におもしろ可笑しく主婦層へアピールしているつもりなのか、ずいぶんとオジサンは残酷な言われ方をしたものだ、と俄に憤りを覚えてしまうのである。

閑話休題。いつの頃からか総理大臣のぶらさがり記者という方々が毎日、官邸で取材をするようになった。各局の新聞やテレビの記者が向けるカメラの前に立つ内閣の面々は、みな礼儀正しくダークスーツを装い、毅然とした態度で会見に臨む姿は、もはや日常的な風景ではないだろうか。わずかなホンネを聞き出そうとする記者陣営と、志を貫こうとする政治家の攻防は見応えがある。

国会討論やお膳立てをした記者会見と違い、ぶらさがり会見にはレジュメが無いらしく、先の会見で内閣総理大臣は奥様の選んだというゴールドのタイを結び、強いフラッシュを浴びていた。しかしながらスタイリストも不在であるためか、ダークスーツの肩には白い粉が付着していたのであるねえ。残念無念。

政治家のみならず、人を代表する立場にある人物は常に衆目を集めるもの。一瞬の不覚が品位を落とす。友愛精神を重んじるなら、まず加齢によって衰えるからだを心得て、身嗜みを整えるが礼儀。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-03-12 17:24 | 洒落日記  

ニール・ヤング

f0227716_17241766.jpg

彼は使い込んだマーチンのアコースティックギターを肩に掛け、ハーモニカをくわえて、一際まぶしい照明が向けられた雪のステージへ一人で登場した。燃えさかる聖火の下、静かに熱唱が始まると、たちまち数万人の観客は彼の歌声に魅了された。彼は、バンクーバー五輪の閉会式で威風堂々と歌ったカナダのシンガー、ニール・ヤングである。

スノーボード選手の若者が強烈な批判を浴びて幕を開けた冬季オリンピックでは、各国のアスリートが世界最高レベルで競い合い、感動と興奮を生み出した。ニール・ヤングが歌い手として世に出たのは一九六九年の事だったという。七〇年代のフォークロックに名を馳せ、日本でも数多くのファンが知るシンガーだが、競技に参加した若い選手たちが彼を知っていたかどうかは少し興味深い。

ニール・ヤングは黒いチェスターフィールドコートを身につけて銀色のステージへ立った。ロック歌手がフォーマルコートを着用するとは恐れ入ったが、これも彼なりの五輪に対する畏敬の顕れだったのかもしれないねえ。

黒いコートに合わせて彼は、興味深い帽子を被って歌っていた。同じく黒色のハット型。広いツバとフラットで浅いトップが特徴的なそれは、おそらくスペインの伝統的な「コルドベスハット」ではなかっただろうか。今年で六十五歳という、それはニール・ヤングのおおいなる伊達であったか。オジサン万歳。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-03-05 17:23 | 洒落日記  

メガネの装い

f0227716_17232681.jpg

中学生以来ずっと使っているメガネは、かつてクラシックカーレースを嗜んでいた頃、一度だけコンタクトレンズに変えようと試みたことがあったが、深夜の国道でオープンカーを運転していた最中、抜き去ったトラックの粉じんが目に入り、言い得ぬ恐怖体験をした。それであっさり諦めてメガネは今に至っている。恒常的にメガネを使用している人の顔は、それが素顔とセットになって記憶されているせいか「メガネ顔」という。

思えばこれまで買い揃えたメガネは数知れず、様々な色や形の物を使ってきた。メガネという代物は、実用性とファッション性を兼ね備えた重要なアイテム。長らく付き合うだけに、何でも良いというワケにはいかない。

クラシカルなべっ甲風のボストングラスや、アメリカ懐古調のウェリントングラスを始め、昨今では著名な工業デザイナーの作品までが製品化され、その選択肢は限りなく増えた。一部ではキャラクターを創り上げるために、視力調節を必要としない人までがメガネを着用していて、これをファッショングラスと分類しているという。

顔の中でも、相手に強く印象づける目元の様子を変化させるメガネだ。顔の輪郭だけでなく、社会的立場やTPOに配慮した正しいメガネ選びは男の必須科目。スーツと同じく、充分な吟味のもとに選びたいものだねえ。

尤も昨今では近視に加えた老眼が始まり、その選択肢は乏しく、結局は跳ね上げ型のシンプルなメガネが盟友となってしまったが。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-02-26 17:23 | 洒落日記  

鏡を使う

f0227716_17223457.jpg

男性に比べて女性は鏡を使う機会が多い。いにしえの時代から美に対して畏敬の念をもってきた女性は、朝な夕なにその姿を鏡に映し、髪型や装いを余念なく整えていた。それはしかし、少なくとも殿方に見られてはならぬ嗜み。社会の中で礼節を重んずる当たり前の精神である。

さて、その鏡を現代の殿方はどれほど使っているだろうか。先頃、岩国のケーブルテレビ番組に出演する用向きがあって、山手町のスタジオを訪れた。二台のカメラと撮影スタッフ、それに番組のホストであるところのヤスベエ氏が隣へ腰掛け、照明が一際明るくなった。緊張が高まった直後、「あ、ちょっと待ってください」思わず撮影が始まるのを制し、目の前に置いてある鏡の前に歩み寄ったのだった。日常生活の中では、見られている感覚は小さいが、いざテレビに映るとなると、己の知らぬところで衆目を集める。つまり、見られている事に大きな意識が働き、にわかに身嗜みに綻びは無いだろうか、と不安に包まれたのであるねえ。

男は実のところ、朝起きて顔を洗うとき以外、あまり鏡を使う習慣が無い。「見た目よりも中身じゃ」と強がってみても社交術は養われぬもの。折りあれば鏡に映した自身の姿を視ることも美学。ただし、電車内やコンビニの入り口で、所を構わず手鏡を開いて化粧直しなど言語道断なのである。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-02-19 17:22 | 洒落日記  

自動車のファッション観

f0227716_17214670.jpg

日本の自動車史は、まだ浅い。政府が打ち出した国民車構想により、五〇年代終盤になってスバル三六〇やパブリカが生み出され、ようやく日本のモータリゼーションは幕を開けた。まもなく東京オリンピックが開催され、全国の道路インフラは急速に拡充。高度経済成長の追い風を受け、日本の自動車は目を見張る進化を遂げたのだった。

自動車の流行やファッション性は、洋服と同じく世相と密接な関係を持っている。目覚ましい進化の過程では、自動車先進国の技術に追いつき追い越せ、と国民が一丸となってまい進した。より速く、より美しく、よりカッコイイことを羨望して、美しい自動車がきら星のごとく生み出された。ホンダS、フェアレディZなど、欧米でさえ震かんさせる自動車が日本人によって造られたのであるねえ。時代はまさにアイビーブームの真っ直中。

やがてバブル経済が泡のごとく日本を包む。それまで強いモノに憧れていた人々は、ソーシャルという摩訶不思議な言葉に酔いしれ、自動車は無意味に飾られた。ソアラは時代の申し子であった。

あえなく潰えたバブル景気の後には、返す波のように空前の不況が押し寄せた。エコが声高に叫ばれ、人々の関心は、かつてのスポーツカーとは対局に向いていまっている昨今。これが時代というものだけれども、あの低く構えた流線型の自動車で、ビートルズを聴きながら重たいハンドルをねじ伏せた日を忘れたくない。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-02-12 17:21 | 洒落日記  

紺と黒

f0227716_17205825.jpg

「おせんべつにしたいのですが、ネクタイを見せてもらえますか」二人の美しい女性が店へいらした。聞けば三十歳半ばの後輩が転勤する事になり、慰労を込めて同僚から贈りたいという。すかさずご当人の様子を尋ねてみると、やはりダークスーツが多く、いつも黒っぽいストライプ柄のスーツを着用している、と彼女たちは口を揃え、そして「地味なのよね」と付け加えた。

さて、いつ頃から日本人は黒いスーツを好むようになったのだろうか。その昔、リクルートといえば紺色のスーツであり、ブレザーなら「紺ブレ」と呼んだように、黒よりもむしろ紺が好まれていたはずだ。バブル経済が終わり、景気が下降線をたどると同時に、どうやら黒いスーツが台頭してきた記憶がある。それは主に若い世代に見られた現象であり、いまから十数年前の成人式には、ほぼ全員が真っ黒なスーツで岩国市民会館へ集っていたのである。主導権を握ったのはファッション雑誌ではなく、テレビの中で金髪にして歌う音楽バンドだった。サイケデリックな舞台衣装と社会人として分別のある服装の区別が、彼らには上手くできなかったというワケか。

服装術は本来、先輩を敬い、後輩を労う中で培われるもの。桜色のきれいなネクタイを選んでくださった彼女たちを見送って、ふと思うのだった。君たちがオジサンになったとき、困ることの無いような人間関係を築いておきたまえ、若者よ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-02-05 17:20 | 洒落日記  

日本人の青色観

f0227716_1720885.jpg

「青い山脈」といえば日本人が好む歌の上位に食い込む、昭和二十四年の名曲。歌詞の中には「青い山脈、緑の谷へ」と歌われる一節がある。間近で目にする森は緑色に見えるが、遠くに眺める山は青く映ったのだろう。それは誰にも異存なく受け容れられてきた。

青色は若々しい事、初々しい事を連想する色として捉えられている。青リンゴは色彩の観点に立てば明らかに緑色の一種だけれども、人々はをれを青いといった。

それでは緑色は如何かというと、たとえば「緑十字」は安全や衛生を表す色として認識されている。さらに信号機の「進め」の色は、よく見ると時代や地域によって青と緑の発色が混在していて興味深い。

戦後の時代に日本人は青と緑に対して寛大な感覚を持つようになった。これは大量に流入したアメリカ的な文化の影響による現象ではないだろうか。はなはだ大雑把な考察ではあるけれど、侘び寂びの感性が現実主義に移り変わった時代に重なるのである。

東部アメリカにはハーバード大学やエール大学など、アイビーリーグと呼ばれる優秀な学校の中にブラウン大学がある。アメリカ人が茶色に連想するのは「大地の恵み」または「健やかなこと」だという。ある英国の心理学者は、その茶色と紫色の組み合わせが「最も調和しない組み合わせ」と唱えている。長い歴史の中で風土として培われた色彩観は、お国柄によって異なるものだねえ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-01-29 17:19 | 洒落日記  

ネクタイ屋の陳情

f0227716_17191990.jpg

大物議員の一件が国会を揺るがしている昨今。さる新聞の片隅に、ネクタイ卸組合がクールビズ廃止を小沢環境相に陳情したと報じる記事があった。たしかに店でもネクタイの売上高は減少傾向にあり、あらゆる流通業界で取扱量は少なくなっているように思え、陳情に行きたくなる気持ちは理解に達する。しかしタイミングがアレだ、ねえ。

さて、ネクタイの役割とは何だろうか。本当に無くしてしまっても支障が無いものならば「ノータイ、ノー上着」も結構。今一度、考えてみるべき時期なのかもしれない。

元々は騎士や戦士が闘いの中で首を保護し、敵方を見分けるためにスカーフが工夫されたというネクタイは、後になって男の首元へ衣装として残った。棒状や蝶型など様々な変遷を辿り、社会生活の中では「身嗜み」や「洒落」の一つとして捉えられ、十八世紀頃にはもう現在の形を成していたという。とりわけスーツを着用するのは、やはり相手に対して礼を尽くす立場である場合が多く、それは同時に、自分自身を正しく評価させるための着こなしである。すなわち現代社会の社交術の一つ。

これが正論ならば、暑苦しいという理由だけでネクタイや上着を着用せず、どこそことなく立ち振る舞うのは大間違い。敬語を無くしてしまうのと同じで、社交術を失っては社会が成り立たない。よって、必要なときには用いるべし。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-01-22 17:19 | 洒落日記  

手縄始め

f0227716_17182432.jpg

「たなわはじめ」と読む。岩国の夏の風物である錦帯橋の鵜飼いは、一年を通して鵜匠と鵜はトレーニングに励み、来るシーズンに備えているもの。年を新たにし、最初の稽古を行っていたのが従来の「初トレーニング」だったが、今年からは鵜匠が初めて鵜に手縄を括ることを機に、岩国の鵜飼いを愛する大勢の人々と一緒になって神事を行い、皆の健勝を祈念しよう、と「手縄始め」に改称された。

故あって末席をいただく事になった当日、錦帯橋のたもとにはたくさんの人が集っていた。出席された大半の方は年配者であり、金髪の無分別な若者の姿は皆無。実に清々しい気分で執りおこなわれた大人の集会であるねえ。

思うに、日々の暮らしの中において、屋内で催される様々なセレモニーは多いけれど、当日のような寒い日の屋外で行われる式典は少ない。つまり「何を着て行くべきか」と、はたと戸惑うことになる。左様、ドレスコートが活躍する数少ない場面だ。

さても如何なものかと思いつつ河原に立ち、三三五五に集う人々の姿を眺めてみると、流石はみな著名な御仁。紳士と淑女はおしなべて確かなコート姿で着席される。一方で報道カメラを持つ方々は、荷物を背負い、活動的なアウターウェアで防寒に余念が無く、その有様は非常に対照的で趣に富んでいた。チェスターフィールドコートの黒が、まったく絵になる錦川の一幕。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2010-01-15 17:18 | 洒落日記