パンツの裾の折り返し

f0227716_1813528.jpg

「裾はどのように?」と、パンツを仕立てられるとき必ず尋ねる一節に「ダブルにしてね」と答える洒落者たち。

ダブルとシングルを選択する基準は、スーツの歴史をさかのぼれば見えてくる。

室内着として誕生したスーツの裾は本来、シングル仕立てが正しいものだった。やがて男たちは屋外で短靴を履いてスーツを着るようになり、靴に砂が入ることが煩わしく、裾を折り返してダブル仕立てで着用するようになった。だからスポーティな着こなしにはダブルで、ドレッシーなときにはシングルで着るのが正しいといえる。裾を三つ折りで縫いつけたチノパンのスタイルは、ジーンズにも見られる最もラフなデザインだ。

しかし英国エドワーディアンが愛したカントリースタイルから学んだ、アメリカのアイビーファッションでは、パンツの裾をダブルカフスにして仕立てた。ビジネススーツやチノパンの裾を折り返して着ることが、洒落者の粋だった。

趣向や用途、生い立ちなどを併せてみれば、パンツの裾もまた一考。ダブルカフスのパンツが増えてきた昨今に、キレイ系ファッションの再来を感じるのである。

絵と分・ふじたのぶお
[PR]

by foujitas | 2006-09-23 18:12 | 洒落日記  

<< 一流のスーツはちょっと ボタンが語る大人のスーツ(後編) >>