靴下を語ろう

f0227716_1818295.jpg

日本人の靴下の歴史は古い。足袋と呼んで草履で露出する肌をおおい隠して過ごした時代から、やがて西洋文化が舶来し、履き物が靴へ移り変わると同時に広まった。

足を包みこむ靴では汗をかくことが多いので、必然的に木綿素材が好まれるのだけれども、いつでもコットンの靴下を着用すれば良いワケではない。学生時代に馴染み深くなった木綿の白い靴下は、運動をするときに使うとてもスポーティなもの。

本来は肌着の一種として捉える洋服の世界では、目立つ色の肌着を見せるのは大変はしたない事とされる。したがってドレッシーな装いに綿の白靴下など、いうまでもなくタブーな組み合わせなのである。

一級正装の場合はシルクの靴下を着用する。スーツやジャケットで礼儀正しく着こなす折りには、パンツと同素材、同色の靴下を選ぶべし。カジュアルに過ごす一日なら、色や柄、素材を楽しんで着こなす。さりげなくTPOに応じた使い分けができてこそ本物の洒落者。たかがパンツと靴の間にチラリと見えるモノだが、おじさま方々、けっして侮ってはなりませぬぞ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

by foujitas | 2006-10-28 18:17 | 洒落日記  

<< ウオームビズは上品服 袖に見る男の美学 >>