ネクタイは不思議な紳士服

f0227716_1827481.jpg

エフエム山口の収録があって、大谷やすべえ氏と過ごした。男の服飾について話す機会に、ふとネクタイのことが頭に浮かんだのだった(放送は17日午後6時半)。当たり前に認めているが、思えば不可解な形であり、いったい何のために着用しているのだろうか。

ネックは首、タイは繋ぐという意味であるが、その起源には諸説がいわれる。古代人が首に巻いた飾り布、いや兵士の防寒具が決定打であると論争は絶えない。しかし今もなお、スーツを着こなす際には、必ずといって良いほど首に結びつけるのである。

事の起こりはさておき、男の服飾品の中にあって、最も色彩が豊かなモノであるにちがいない。赤や黄、青という原色であれ、黒やグレイなどのモノトーンまで、それは幅広く用いられる。柄もまた限りなく、そして洒落男たちは、そんな色柄の組み合わせに一喜一憂をし、悩ましくも楽しんでいるのだねえ。

キーワードはズバリ、地味なシャツとジャケットに派手なタイ。あるいは派手なシャツに地味なタイ。年齢が上がるほど傾向は顕著になる。細長い布の素材や色が、男の性格を物語るのだった。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

by foujitas | 2006-12-16 18:26 | 洒落日記  

<< 上着を手にする身だしなみ アスコットスカーフの粋 >>