プレッピー

f0227716_15123055.jpg

アイビールックというと「ああ、アレね」と誰もが理解を示す一つの固有名詞となっている。ひもとけば一九六〇年代にアメリカで流行した東部のエリート大学生のスタイル。ハーバード大学やイェール大学ではボタンダウンシャツやコットンパンツが人気を博し、後に日本の若者に大きな支持をうけた。ちょうど団塊世代が青年だった頃の事である。

栄枯盛衰を経て脈々と続くアイビーファッションは、一九八〇年代に再び日本で脚光を浴びた。やはりアメリカの影響が及んだ流行だったが、それは少し誇大なファッションだった。

プレッピールック。源を辿るとアメリカではなく英国が見えてくる。名門大学へ進学するためにパブリックスクールがあり、これを目指す学校がプレップスクール。したがって当該年齢は七歳から十三歳と幼く、ようするに「お坊ちゃん」のスタイルを模したものだった。本来は全寮制の宗教思想に充たされた厳格なライフスタイルであるけれど、そんな彼らの気さくな一面だけを採り上げ、まずアメリカの大学生が気取った。続いて日本では、ボートハウスに代表されるトレーナーに正ちゃん帽、コットンパンツにデッキシューズという極めてコアな格好が一世を風靡したのだねえ。

今年の夏、ボタンダウンシャツやポロシャツの重ね着が目立つのは、どうやらプレピーの再来か。とりもなおさず仕掛け人は、時の正ちゃん帽世代なのだから。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

by foujitas | 2008-05-30 15:12 | 洒落日記  

<< 着こなしの優先度 コットンスーツ >>