CPOシャツ

f0227716_16174119.jpg

今秋のメンズファッションには、派手なチェックのシャツが目立つ。布のシャツには変わりないのだけれども、それは一般的なスポーツシャツよりも分厚くて丈夫。両胸にはフタ付きのポケットを備え、ウール素材で作られた物もある。多くは裾をパンツの外へ出し、ジャケットのように上へ羽織るような着こなしが紹介されことが多い。

ショーウインドウの小さなカードを読んでみると「CPOシャツ」と書いてある。どこかで聞いたような英文字だが、昨今のビジネス用語にいう最高経営責任者「CEO」ではない。

「チーフ・ペティ・オフィサー」。アメリカ海軍の曹長クラスを表す階級の略号。水兵たちは艦上でセイラーを着ているから、CPOシャツは、つまり下士官になって初めて着用できるエリートの象徴なのであるねえ。

六〇年代のアイビーブームに、あのVANがアメリカから伝えたアイテムの一つ。本来は無地のウールで仕立てた軍用制服だったが、後に明るいチェック柄などが好まれるようになり、タウンウェアとして培われた。後のアウトドア・ファッションが流行した時代には、その機能性とファッション性が大きく評価され、カジュアルな着こなしには欠かせないアイテムとして人気を博した。何でもない海軍制服をファッションアイテムに仕立て上げた先達のセンスには舌を巻くばかり。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

by foujitas | 2008-10-03 16:17 | 洒落日記  

<< コールテン グレイフランネル >>