晩夏の半パンツ

f0227716_12443489.jpg

さきごろ催した中通り商店街の土曜夜市は「駅前でう飼!」とテーマを掲げ、予想以上の賑わいに沸いた。それから数週間が経ち、一連のイベントを締めくくる招待船「中通り子ども鵜飼船」が就航。商店街から世話係りの一員として、初めて昼鵜飼いを楽しむ機会を得たのである。夏も終わりに近づき、日射しは強くても川風は秋の気配。洋服屋であるがゆえに、さて何を着て行ったものか。

悩んだ挙げ句の果て、足を入れたのはインディアマドラスの半パンツだった。なんというか良い年をしたオヤジが半パンツで歩くのも気が引けるが、和風の淡水リゾートのような昼鵜飼いには、実のところピタリとマッチしたのだった。なにしろ涼しい。しかし身嗜みは大切。アンクルソックスを履きせしめ、同乗した小学生とは一線を画しておかねばならない。

そうして店へ帰ってみたなら、さっそく秋物の品物が到着していた。こうなると晩夏の半パンツでは立場がない。秋色に染められたシャツなど見ていたら、そろそろ真夏の着こなしは納め時と思えてくる昼下がりだった。

さて、八月いっぱいで鮎の禁漁となるので、鵜飼いもお終い。晦日には「鵜飼い感謝デー」と称した謝恩価格で遊覧を楽しめるイベントがあるという。暮れゆく夏を惜しみつつ、川面に浮かんで杯を傾ける夕べも一興。秋一番の服でも新調して乗ってみるかねえ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

by foujitas | 2009-08-28 12:44 | 洒落日記  

<< シャツの合わせ方 シャツイン >>