袖ボタンの数

f0227716_18422799.jpg

開いた衿を持つ背広は、どれも同じような格好でありながら、実は少しずつ細部が異なるもの。目立つところでは前立てのボタンの数がある。三ボタンは胸元が狭くなり、二ボタンはVゾーンが深く広がって見える。好みは別にして、この仕立てのデザインには確固たる理由が存在している。

現代の背広のデザインは昔の軍服に由来するもの。すなわち学生服に見られた詰め襟型の上着である。詰め襟を折り曲げ、胸元を開くことで背広の象徴的な「菱衿」ができあがるところからも、それは理解できる。そして上着を正面から見たとき、最もバランスが良く、機能を果たすと計算されたボタンの数は五個だ。

胸元を開いたとき、上から何番目のボタンの位置で前身頃を折り返すか。これによって三ボタンのほうが二ボタンよりVゾーンが狭くなるのである。

様々にある背広の意匠の中で、前立てとは反対に最も見過ごされているのが袖口にあるボタンの数ではないだろうか。袖ボタンは本来、前立てにあったの五個から、折り返して残ったボタンの数を差し引いた残りの数。簡単にいえば、前立てと袖のボタンを足すと五個、という目安のもとに仕立てられていたもの。だから三ボタンの背広の袖は二個。タキシードなど一ボタンの前立てなら、袖は四個が正しい。しかし、こんな洋服文化も時代と共に薄らいで行くのだろうかねえ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-10-23 18:42 | 洒落日記  

ジャケブル

f0227716_18414415.jpg

「ジャケブル」とか「シャツジャケ」とか、およそ何を指す言葉か想像さえ及ばない造語が、いまファッション業界に溢れている。十月は来春夏物の展示会シーズンで、先の台風を追いかけながら東京へ赴いたのだった。そこで見た半年先の洋服は、やはり昨今の傾向を引き継ぐキレイ系カジュアル路線だった。

企画部に所属するという若い男の説明は、まずメインステージへ飾られていたジャケットだった。パッドや芯地を用いず、やたらとステッチが目立つ細身で着丈の短い背広だ。彼は「これはジャケブルです」といって話し始めた。

要するに背広の格好は成しているが、ブルゾンのような簡素な縫い方で、素材も敢えて粗野なコットンを用いて作った洋服。ジャケットとブルゾンを足して「ジャケブル」と呼ぶという。

一方で「シャツジャケ」はシャツとジャケットの合いの子。本来は何某かの中へ着こなすべきシャツを、あたかもアウターウェアのように上着として着用する。よってシャツの裾はパンツの外へさらけ出し、前の釦も開け放つ。これをして彼は、今世風カジュアルの着こなしだと言って憚らない。

目新しい流行を意識するのは結構なことだけれども、着崩すことばかりに目を奪われている現代ファッションは何を目指しているのだろうか。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-10-16 18:41 | 洒落日記  

ポケットの角度

f0227716_18405611.jpg

何気なく着用しているパンツのポケットに注目してみよう。単に格好が良いだけでは決められないルールがある。

まず尻に二つ。基本的なデザインは左に釦が備わり、右にはハンカチなどを出し入れするために釦が無い。屋外で活動的に過ごすパンツの尻ポケットには「雨ぶた」と呼フラップが付く。文字通り、雨が入らぬよう仕立てられたもので、狩猟に用いたパンツなどに見られたデザインだ。次ぎに前立てに備わるウォッチポケットは、クラシカルな英国調の仕立て。まだ男が懐中時計を愛用していた時代に誕生したデザインである。

腰ポケット。スーツは本来、屋内用として誕生した。その原型は燕尾服やモーニングコートとなって今に残っていて、これらには腰ポケットが無い。なぜなら腰ポケットに物を入れる習慣が無かったのだ。やがてスーツが屋外で用いられるようになって、便宜の向上を目的に腰ポケットが備わるようになった。

スーツのポケットに手を入れると素直に入らなかったり、ヒップサイズが合わないパンツではポケットが開いてしまうが、それは、できるだけ目立たないように仕立てるため、縫い目に沿って垂直方向に付けられたためだった。

縦ポケットにくらべて使いやすい斜め縫いのポケットは、あくまでもスポーティなパンツ。本来はスーツに不向きな仕立てというルールを知っておいて損は無いかもねえ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-10-09 18:40 | 洒落日記  

男の紫色

f0227716_18401041.jpg

お坊さんの袈裟に用いられるなど、古く中国から高貴な色として伝えられた背景があるためか、日本人にとって紫色は少し特別な色なのかもしれない。

ところで、流行色というのは自然発生的に生まれるのではなく、デザイナーや心理学者、果ては経済界や産業界から偉い人が集まり、巷の情勢などを配慮しながら「今年の流行色はコレにしよう」と話し合って決められるという。洋服を拵えるアパレルメイカーは、それを一つの指針として捉え、やはり企画の中に意識される。だから景気が良いときは明るく派手な色が流行し、不況のときには大人しい色が多くなる。

半年前。メイカーの展示会が各所で催され、足繁く見てきた。今は、それら品物が続々と出荷され、店先へ並べられている時期だ。そのシーズンの話題性が高い品物ほど先に売り場へ投入するのが業界のセオリーで、ケースを開いてみると、やけに紫色を使った洋服が目に付く。いずれもやや濃い色合いで、ボルドーというよりパープルに近い。

近代のメンズファッションを振り返ってみると、紫色は男の洋服にはあまり使われる事が無かった。新鮮に感じられるせいか、遂にはテレビのアナウンサーまで紫色のアーガイルニットを着て映るなど、これがなかなかの評判を呼んでいるのである。概ね保守的に着こなす男たちが、敢えて目新しい色にチャレンジしている昨今は、何かを変えたい、変わりたい意識の現れなのかも知れないねえ。頼みましたぞ、新政権。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-10-02 18:39 | 洒落日記  

あるベルトの修理

f0227716_18392476.jpg

さきごろ、二十年前のニット製品を修理した一話があった。それは通常の業務範囲を超えたものだったが、可能な事を断る理由はなく当たり前に役割を果たしたのだった。

それから後も修理依頼は少なくなく、多くの方は困った挙げ句に尋ねて来られる。いずれの物も必ず製造工程はあるのに、なぜ修理ができないのだろうか。いや修理ができないのではなく、修理を頼める窓口が見えにくいことが原因なのかも知れない。

とある靴のメイカーは、自社製品以外の修理は受け付けないという。表向きには製造方法の微細な違いが修理の精度を下げるためと言うけれど、その裏にはつまり、顧客の囲い込みをするための付加サービスが無いとは言えない。実際に靴の職人に尋ねると、「完全な元の色や形にはならんが、修理はできるよ」という。そうだろう。いわゆる商業主義が成熟期に達し、サービスという言葉が巷に溢れ、何が本当に必要なのか、どうする事が利用者のためになるのかを見失ったのではないかねえ。

一通のメールが東京から届いた。数年前に購入した革のベルトが不具合を起こしたので修理して欲しい、とあった。ベルトの加工製造をしている職人へ連絡をとり、東京から岩国を経て大阪へ届けると、それは指示した他の箇所まで美しく修繕されて戻ってきた。職人は、自身が手がけた品物を大切に使い続けている人がいた事に、大層感動したのだという。流通業界の過大な競争力が必ずしも良いと思えなくなってきた現代の一幕。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-09-25 18:39 | 洒落日記  

スプリットヨーク

f0227716_18383547.jpg

ドレスシャツの仕立てに関する事柄。いつも着ているシャツをハンガーへ掛けて後から見ると、背中の上部に横向きの生地が縫い合わせてある。縦縞柄のシャツなら一目瞭然。

日本では「肩はぎ」と呼ぶスプリットヨークは、人間の体の構造に合わせた合理的な仕立てだった。背骨の頂点から左右に伸びる人の肩線は水平ではなく、やや下がっているもの。ひとたび両腕を動かせば、背中の当てた「肩はぎ」は、やはり肩線に沿って引っ張られる。

一方で織られた布は、水平垂直方向の引っ張り強度は高いが、斜めに向かって引くと意外なほど脆い。織り目は菱形にねじれてしまい、形が崩れてしまうのである。ただし、それは織布の技術水準が低かった当時のことで、現代では、細い綿糸を緻密かつ均等に織ることができるので、斜め方向の脆弱性は大きな問題にならなくなった。

スプリットヨークは、そんな時代の智恵として考案されたクラシカルな仕立てである。ところが、実際に縫製の工程を考えると大きな手間がかかり、製造する側に立てば省略したくなるもの。いつの間には忘れ去られた仕立てとなった。

来シーズンの展示会へ赴いたおり、スプリットヨークのシャツを見つけたので、嬉々として営業担当の若い兄さんに尋ねた。すると「ああ、本当だ。そうなんですか」と、まあ、時代は変わっていくのだねえ。南無三。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-09-18 18:38 | 洒落日記  

パンツの合わせ方

f0227716_18355350.jpg

男子がパンツ型の衣服を着るようになって久しい。しかし元は着物を身につけていた過去があるせいか、そのパンツを充分に着こなしている御仁は意外に少ない。これは洋服店の売り方にも一因があるのではないか。

多くの男はパンツを選ぶとき、まず着丈を気遣う。つまり裾上げをした後、足の甲へ被さる裾の長さだ。特殊な流行は別にして、甲には「ワンブレイク」と呼ばれる僅かなたるみが佇まいを優雅に見せるもの。そして次に裾や腿の幅。太すぎず、細すぎず、適度な寸法を良しとするならば、今時なら裾幅二十二、三センチ、膝幅二十六センチ前後が妥当だろう。

そしてデザイン。腰のタックや裾の折り返しの有無。果てはベルトやポケットの形など、パンツにはいくつかの代表的な意匠がある。ここまでは、ちょっと詳しい販売員に尋ねると応えてくれよう。

問題は股上。既製服の場合は修正が困難だから話題にしないのか、誤って着用すると、やけに貧しい見え方になってしまうもの。股上が深いパンツはクラシカルに見えるので、近年では好まれている。ところがジーンズのような安易な着方で腰骨へベルト位置を合わせると、股下に余分な空間が生じる。残念なことに、これでは短足な体型に見えてしまうのだねえ。既製品パンツは股上に気遣って着るが良し。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-09-11 18:35 | 洒落日記  

シャツの合わせ方

f0227716_12452037.jpg

足早に夏が行き、秋がやってきている。そろそろクールビズには見切りを付けねばならない時節であり、解き放った首元にも豊かな表情をもつネクタイが戻ってくる。やはり、きちんと着こなしたスーツ姿にこそ、男を物語る色香は醸し出されるものだねえ。

さて、一旦緩めてしまった首に再びタイを結び下げるのは苦痛のようだけれど、ここで油断をしてはならない。それでなくても昨今のドレスシャツは、少しルーズなサイズ合わせが常態化していて、こんな姿を世紀の伊達男ウィンザー公に見られたら、さぞ嘆げかれるに違いないのである。

それはネックサイズの合わせ方。シャツの採寸には首周りとユキ丈、肩幅、上中下の胴寸、それに総丈がある。既製品のシャツを選ぶ場合は、主にネックとユキ丈を見て合わす。なかんずく首周りは本来、裸体にメジャーを当てて測ったヌード寸法に対して、約十五ミリを加算した表示サイズが丁度良いとされる。実際に着用すると、第一ボタンを留めて指一本の余裕が生じる程度だ。

ところが窮屈感を嫌うゆえに、少し大きな首サイズを着用する向きが増えた。シャツの首に余分な隙間があると、レギュラーカラーなら襟は浮き上がり、ボタンダウンカラーならロールが潰れてしまうなど、実にだらしない佇まいになってしまうもの。新政権と共に始まる秋のスタートダッシュは、正しいサイズでキリッと着こなすべし。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-09-04 12:45 | 洒落日記  

晩夏の半パンツ

f0227716_12443489.jpg

さきごろ催した中通り商店街の土曜夜市は「駅前でう飼!」とテーマを掲げ、予想以上の賑わいに沸いた。それから数週間が経ち、一連のイベントを締めくくる招待船「中通り子ども鵜飼船」が就航。商店街から世話係りの一員として、初めて昼鵜飼いを楽しむ機会を得たのである。夏も終わりに近づき、日射しは強くても川風は秋の気配。洋服屋であるがゆえに、さて何を着て行ったものか。

悩んだ挙げ句の果て、足を入れたのはインディアマドラスの半パンツだった。なんというか良い年をしたオヤジが半パンツで歩くのも気が引けるが、和風の淡水リゾートのような昼鵜飼いには、実のところピタリとマッチしたのだった。なにしろ涼しい。しかし身嗜みは大切。アンクルソックスを履きせしめ、同乗した小学生とは一線を画しておかねばならない。

そうして店へ帰ってみたなら、さっそく秋物の品物が到着していた。こうなると晩夏の半パンツでは立場がない。秋色に染められたシャツなど見ていたら、そろそろ真夏の着こなしは納め時と思えてくる昼下がりだった。

さて、八月いっぱいで鮎の禁漁となるので、鵜飼いもお終い。晦日には「鵜飼い感謝デー」と称した謝恩価格で遊覧を楽しめるイベントがあるという。暮れゆく夏を惜しみつつ、川面に浮かんで杯を傾ける夕べも一興。秋一番の服でも新調して乗ってみるかねえ。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-08-28 12:44 | 洒落日記  

シャツイン

f0227716_12434072.jpg

「おとうさん、今はシャツインよ」近所へ買い物に出かけようとした父を、年頃の次女が咎めたそうだ。いつの時代も父親と娘の役どころは変わらぬもので、目まぐるしい流行を敏感に追いかける女子と、自分なりに流行を意識しているつもりの親父には、どうやら言い知れぬギャップがあるらしい。

シャツの裾をパンツの外へ出すか入れるかの論争は、いまもって決着をみていない。シャツの裾はパンツから出ないようにするため、前身と後身が長く仕立ててあるもの。よって本来は中へ入れて着用することが正しい。が、ラフな着こなしで過ごすリゾートでは、むしろ裾を出して開放的に着ることが格好良いとされ、やがてタウンカジュアルとして認められたのである。

混乱を引き起こしているのは、メイカーにも責任の一端がある。シャツジャケットと称する、形はシャツだが用途は外套。つまり一番上に羽織るための衣服として作っているにもかかわらず、その形状はシャツのままというアイテム。当然、洋服屋は「裾は出して着てください」と話すから、専門家でもないお父さんは、もう何が正しいのかより所を失うのであるねえ。

娘のいうシャツインには一理ある。しかしながら「今は」と限るのは残念ながら浅はか。着るべくして着れば、なあに小娘ごときに指図される懸念はありませぬぞ、お父さん。

絵と文・ふじたのぶお
[PR]

# by foujitas | 2009-08-14 12:43 | 洒落日記